コメント投稿

編集部の安田です。コメントありがとうございます。
いただいたコメントがフィルタにかかっていたため、発見して公開作業をするのが遅れました。失礼しました。

全体的に、ログファイル型のケータイサイト解析ツールの扱いが薄かったのはおっしゃるとおりです。もう少しフォローできれば良かったと残念に思っています。

> ユーザー識別IDなどの情報を元に

この情報は、いわゆる公式サイトでは取得できるものの、勝手サイトではauを除いて標準では取得できないということなので、ああいう記述になりました。

また、NTTドコモやボーダフォン時代の旧機種などではリファラやcookie情報の取得にも制限があるということで、経路や広告効果測定も「×」となっています(広告の効果測定は、特定のパラメータを付ければログ型でも大丈夫ですが)。

参考:株式会社ディー・ワークスさんの解説

いずれも、他の方式に比べると「正確な情報が取得できない場合がある」ということで、ああいった表記になっております。逆に言うと、「全然ダメだというわけではない」ということです。

また、サーバーモジュールやCGI的なスクリプトを使えばログファイル型でも他の形式と同様の情報を得られる場合もあることも確かですね。

そういったことを勘案すると、おっしゃるとおり、これらの情報は、補足を加えたうえで「△」としてもいいかもしれません。

コメントでのご指摘、誠にありがとうございます。
今後も、さらに正確な情報を掲載できるよう精進いたします。

(もう1つコメントが投稿されていましたが、同様の内容で同じIPアドレスからなので重複だと判断しました)

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]