コメント投稿

アイ・エム・ジェイ、「オウンドメディアによるエンゲージメント向上に関する調査」で86%にポジティブな変化

オウンドメディア登録前後の行動や気持ちの変化、利用方法を把握する調査を実施
よろしければこちらもご覧ください

Webインテグレーション事業のアイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「オウンドメディアによるエンゲージメント向上に関する調査」を実施。10月16日、調査結果を発表した。コミュニティやゲームなどを備え、自社情報を発信するWebサイト(オウンドメディア)を持つ企業が増加するなか、会員組織のあるオウンドメディア(ECサイトを除く)に会員登録しているユーザーを対象に、登録前後での行動や気持ちの変化、オウンドメディアの利用方法を把握する調査を行った。その結果、オウンドメディアに登録する前と登録後で「認知・想起率の向上」「積極的な行動変化」「イメージアップ」のいずれかの項目の点数が伸びたユーザーは全体の86%であることが分かった。調査は8月31日~9月1日に、全国の15~59歳の男女で、ECサイトを除くオウンドメディアに最近2年以内に登録し、現在も閲覧している人を対象にインターネットを利用して実施。有効回答数は927だった。

ポジティブな影響を受けたユーザーを項目別にみると「認知・想起率の向上」は73%、「積極的な行動変化」は68%、「イメージアップ」は60%だった。オウンドメディアにアクセスする頻度が高かったり、滞在時間が長いユーザーほどこれらの項目の数値が高かった。また、オウンドメディアでポイントを貯めているユーザーはアクセス頻度が高く、週3回以上アクセスするユーザーが全体の約3割なのに対し、ポイントを貯めているユーザーは約5割が週に3回以上アクセスしていた。オウンドメディアでのポイント施策が顧客エンゲージメントの向上につながることが分かる。さらに、ポジティブな影響を受けたユーザーは、オウンドメディア内でキャンペーンに応募したり、ゲームで遊ぶことが多かった。目的がインセンティブやエンターテインメントであっても、オウンドメディアとの接触がエンゲージメントを強化しているといえる。

アイ・エム・ジェイ
http://www.imjp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
4110
4110
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル