コメント投稿

国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

著者とコンテンツを関連付ける「rel="author"」タグ登場 など10+2記事(海外&国内SEO情報)

グーグルのソーシャル検索の話題や、順位やクリック率のデータがGAで使えるようになる話題など

ページ

よろしければこちらもご覧ください

海外のSEO/SEM情報を日本語でピックアップ

  • トップページのコンテンツは多いほうがいのか少ないほうがいのか
    ★★★★☆ テキストは多く (Google Webmaster Help Channel on YouTube)
    トップページのコンテンツは多いほうがいのか少ないほうがいのか?
    いろいろな意見があるようだがどうなのか。

    この質問にグーグルのマット・カッツ氏が回答した。

    多すぎるのはよくない。20メガバイトものトップページを作ろうとは思わないね。そんなことをしたらダイアルアップやモデムなど回線の細いユーザーは激怒するだろう。

    だけど一般的に言って、トップページにコンテンツがたくさんあればそれだけGooglebotが見つけるテキストも多くなるはずだ。なので、画像だけよりは、画像に説明文を付けるとか、テキストのコンテンツを少し加えればとても効果があるだろう。

    僕のブログを見れば分かるように、5~10記事が常にメインページに載っている。コンテンツをできる限り多くするように僕はしている。

    あまりにもサイズの大きなホームページは困りものだが、コンテンツ(ここではテキストのコンテンツだろう)はなるべく多いほうが、グーグルに伝えられる情報が多くなり好ましいようだ。

  • グーグルがURLじゃなくてサイト名を表示するテスト中
    ★★☆☆☆ ブランド優遇か (Google Operating System)

    通常、検索結果ではウェブページのURLが表示される。しかしグーグルは、URLの代わりにそのウェブページのサイト名を表示するテストを行っているようだ。

    URLではなくサイト名を表示するSERP

    ブランド認知されているサイトにとってはクリックされやすくなる、有利に働く表示形態に思える。

  • グーグル、画像検索のサムネイルの数を倍増
    ★★★☆☆ SERPが華やかに (Google Inside Search)

    グーグルのウェブ検索で、「photos」「pictures」「images」のような明らかに画像や写真を探していると判断できるキーワードと組み合わされた検索には、従来よりもずっと多くのサムネイル画像がユニバーサル検索として表示されるようになった。米国の公式ブログでの発表だ。

    mount fuji picturesの検索結果

    現在はGoogle.comの英語の検索だけの採用だが、来月にはグローバルで展開するとのこと。

  • Bingウェブマスターツールが改良
    ★★★☆☆ Bingのシェアが多ければ使うのに (Bing Webmaster Center blog)

    日本語インターフェイスもできあがったBingウェブマスターツールが機能面での進化を続けている。今回の改良のメインは次の3つだ。

    • インデックスデータを拡充
    • クロールさせる時間帯を設定可能に
    • 管理者・閲覧者を追加可能に
    Bingウェブマスターツールのクロール設定画面
    サイトのクロール頻度(速度)を、時間帯ごとに細かく指定できるようになったので、アクセスの多い時間帯のクロールを抑えられる。

    現在の日本のBingのシェアからするともったいないくらいの機能に思える。Bingのシェアが多い米国をターゲットにしたサイトを運営しているならば、ぜひ活用してほしい。

SEO JapanSEO Japanの掲載記事からピックアップ

デザイナー・技術者・経営者に向けたSEOのガイドラインと、筆者も参加したSMX Advancedカンファレンスでのグーグルのマット・カッツ氏のQ&Aセッションを今週はピックアップ。

ページ

よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
同義語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]